HOME  >  お客様サポート  >  投資に関するよくある質問

投資に関するよくある質問

お客様からお問い合わせの多いご質問ついてお答えいたします

ご利用者様・ご利用をご検討中のお客様から寄せられるご質問のうち、よくいただく内容を以下にまとめました。
お問い合わせの前にご活用ください。

※ご質問や疑問が解決いただけなかった場合は、お手数ですがお客様サポートへご連絡ください。

お客様相談室直通フリーダイヤル

オフショアファンドって何ですか?

オフショアとは、所得税や相続税などの税金がまったくかからないか、あるいは税率が著しく低い地域を指します。
これらの地域へは、世界中の多くの金融機関が集まり、オフショア金融センターとも呼ばれ、法制度なども確立されています。オフショア地域は、資産運用や財産の保全に最適の場所とされており、これらのオフショア地域で設定されたファンドのことを「オフショアファンド」といいます。

ページの先頭へ

オフショアファンドという言葉はあまり聞いたことがなく、とても難しい感じがしますが・・・

運用については、ファンドマネージャーと呼ばれる運用のスペシャリストが全て行いますし、また運用元本の管理については、保管銀行といって全て銀行が行いますので、専門知識や経験などは全く必要なく、安心して全てを任せることができます。

ページの先頭へ

オフショアファンドへはどんな人たちが運用しているのですか?

オフショアファンドへは、その「安全性」と「利便性」の高さから、以前より海外の銀行や大学資金、あるいは日本の銀行、または年金基金といった公的機関や、富裕層などがプライベートバンクやオフショア銀行と呼ばれる銀行を介して運用を行っています。

ページの先頭へ

プライベートバンクって何ですか?

プライベートバンクとは、個人資産の「保全・運用・管理・相続」などの高度な金融サービスを提供する専門銀行です。もともとの起源は、中世ヨーロッパの戦争や革命などから、富裕層が一族の資産を守るためにスイスで始まったとされており、非常に長い歴史があります。

現在でもスイスのプライベートバンクは、世界中の多くの富裕層から高い評価と支持を受け、非常に高度な金融サービスを提供しています。

ページの先頭へ

オフショアファンドは日本の投資信託と同じようなものですか?

日本の投資信託とは全く違います。
一番大きな違いは、日本の投資信託は元本保証されたものはありませんが、オフショアファンドの中には、「元本保護型」といって運用元本が全額保護されたものがあります。

ページの先頭へ

元本保護型について詳しく教えて下さい。

元本保護型は、万一、運用がうまくいかなくとも、満期時には運用元本に対する100%の金額が銀行によって保護されたファンドです。

さらに、この保護をする銀行は高格付け銀行(信用度が非常に高い銀行)が行いますので安全性が非常に高いため、リスクのある資産運用を極端に嫌う傾向が強い日本人に、むいている資産運用と言えます。

ページの先頭へ

元本保護型の利回りはどのくらいですか?また利益を毎月受け取ることはできませんか?

過去の例から見ると、大体年10%から20%程度です。
また、「1年未満で金利固定」という元本保護型ファンドもあります。また「毎月受取型」といって、毎月利益を受け取れるタイプもあるので、若い方からご年金を受けている方まで、たくさんの方に喜ばれています。

但し、元本保護型ファンドは日本の投資信託などとは違い、いつでも申し込みができるものではなく、募集がある時のみしか申し込みをすることができません。

ページの先頭へ

元本保護型のオフショアファンドには、どのようなリスクがありますか?

満期時における償還金は保管銀行によって全額保護されておりますが、万一、中途解約をすると、元本割れとなる場合もあります。

また、オフショアファンドは外貨建てで運用されるため、元本は外貨建てでの保護となり、申込日及び償還日の為替レートにより、為替差損が発生する場合があります。

ページの先頭へ

プライベートバンクを通じて、オフショアファンドで運用を行うには、最低でも1億円以上の資金が必要であると聞いた事がありますが・・・

確かに最低預け入れ金額が1億円以上というオフショアファンドもたくさんありますが、現在、株式会社プレミアバンクでは一口500万円から1千万円のものを中心に、300万円程度から始められるものもご案内しております。