XMのスワップポイントはいつ加算される?スワップポイント一覧!国内・海外のFX業者との比較

スワップポイント

スワップポイントはポジションを持っているだけで利益が入るもので、FXで取引をするなら必ず意識するものです。

ただし、通貨ペアによってはポジションを持っているだけ損失が出てしまうこともあるため、予めスワップポイントに関する知識がなくてはいけません。

そこで今回はXMのスワップポイントについて、特徴や加算されるタイミングなど詳しくまとめていきたいと思います。

\登録するだけで3,000円のボーナスゲット/

XMで今だけのボーナスを受け取る

  1. 【XM】そもそもスワップポイントとは
    1. 【XMスワップポイント】スワップは異なる通貨間の金利差を意味する
    2. 【XMスワップポイント】日本の金利は低い
    3. 【XMスワップポイント】証拠金をたくさん入れておくと安心
  2. XMのスワップポイントの特徴
    1. XMはスワップポイントを受け取るのに適している
    2. 【XMスワップポイント】多くのポジションを持てる
    3. 【XMスワップポイント】ポジションを決済してから受け取れる
    4. 【XMスワップポイント】XMにはスワップカレンダーがない
    5. 【XMスワップポイント】XMは日本との通貨ペアが少ない
  3. XMのスワップポイントが加算されるタイミング
  4. XMは水曜日のスワップポイントが3倍になる
  5. XMでスワップポイントを狙う時の注意点
    1. 【XM】スワップポイントが大きい通貨ペアはスプレッドが広い
    2. 【XM】スワップポイントが大きい通貨ペアは変動が激しい
    3. 【XMスワップポイント】通貨ペアによってはレバレッジ制限があることも
    4. 【XMスワップポイント】両建てすると必ずマイナスになる
  6. 【XM】スワップポイントの計算方法
  7. XMのスワップポイントの確認方法
    1. 【XMスワップポイント】スワップ計算機を使う
    2. 【XMスワップポイント】MT4から確認する
    3. 【XMスワップポイント】MT5で確認する
    4. 【XMスワップポイント】公式サイトの表で確認する
  8. 【スワップポイント】XMでは国内で人気の通貨ペアがないことも
  9. XMのおすすめスワップポイント通貨ペアランキング
    1. 【XMスワップポイント】ユーロ/トルコリラ(EURTRY)
    2. 【XMスワップポイント】米ドル/トルコリラ(USDTRY)
    3. 【XMスワップポイント】ユーロ/南アフリカランド(EURZAR)
    4. 【XMスワップポイント】ユーロ/ロシアルーブル(EURRUB)
    5. 【XMスワップポイント】米ドル/メキシコペソ(USDMXP)
  10. XMのおすすめしないスワップポイント通貨ペア
    1. 【XMスワップポイント】おすすめ通貨ペアの売りと買いを逆にしたもの
    2. 【XMスワップポイント】売りでも買いでもマイナスになる通貨ペア
  11. XMの主要通貨ペアのスワップポイント
    1. 【XMスワップポイント】米ドル/円(USDJPY)
    2. 【XMスワップポイント】ユーロ/円(EURJPY)
    3. 【XMスワップポイント】ユーロ/米ドル(EURUSD)
    4. 【XMスワップポイント】英ポンド/円(GBPJPY)
    5. 【XMスワップポイント】英ポンド/米ドルGBPUSD
  12. XMとその他のFX業者とのスワップポイントの比較
    1. 【XMスワップポイント】GMOクリック証券
    2. 【XMスワップポイント】みんなのFX
    3. 【XMスワップポイント】タイタンFX
    4. 【XMスワップポイント】ランドFX
  13. XMでスワップポイントで稼ぐための流れ
    1. 【XM】スワップポイントを受け取れる通貨を探す
    2. 【XMスワップポイント】MT4でチャートを表示する
    3. 【XMスワップポイント】ポジションを持つ
    4. 【XM】受け取ったスワップポイントを確認する
  14. 【XM】スワップポイントの確定申告について
  15. XMのスワップポイントに関する禁止事項
  16. 【XM】スワップポイントに関するよくある質問
    1. 【XM】スワップポイントはいつ受け取れる?
  17. 【XM】スワップポイントはどこから確認できる?
    1. 【XM】受け取ったスワップポイントはどこから確認できる?
  18. XMスワップポイントのまとめ

【XM】そもそもスワップポイントとは

FXを始めたばかりの人は、そもそもスワップポイントがどういうものかを知らないという方もいるかもしれません。

そこでまずはスワップポイントの特徴についてまとめていきましょう。

【XMスワップポイント】スワップは異なる通貨間の金利差を意味する

「スワップ」という単語は「交換」を意味します。

FX取引では異なる通貨間の金利差を受け取ったり、支払ったりすることをスワップと言います。

外貨によって金利が違うため、金利が高い方を買うとスワップポイントを受け取ることができ、反対に売るとスワップポイントを支払うことになります。

【XMスワップポイント】日本の金利は低い

日本人は金利の低さに慣れていますが、世界的に見るとその低さは異常です。

そのため、他の外貨と日本円の通貨ペアを買い、スワップポイントを受け取るのがFX で利益を出すための手法の一つとなっています。

ポジションを保持するだけでスワップポイントは貯まりますから、初心者でも使えるテクニックです。

【XMスワップポイント】証拠金をたくさん入れておくと安心

スワップは土日以外毎日受け取れるため、長期で保有しておいて利益を狙う人も居るでしょう。

長期で保有するということは、その間に価格が大きく上下するということなので、証拠金はたくさん入れておくと安心です。

\登録するだけで3,000円のボーナスゲット/

XMで今だけのボーナスを受け取る

 

XMのスワップポイントの特徴

スワップポイントを受け取るのに適しているかどうかは、業者が採用している仕組みによって違ってきます。

そこでXMのスワップポイントに関する特徴についてまとめていきましょう。

XMはスワップポイントを受け取るのに適している

XMはスワップポイントを受け取るのに向いていると言える特徴があります。

まず一つはレバレッジが高いことです。

レバレッジが高いと必要証拠金が少なくて済むため、大きな変動があってもロスカットされずに耐えることが出来ます。

ちなみに例えばドル円が100円で1万通貨を保有するとき、レバレッジごとの必要証拠金は

25倍・・・40,000円
100倍・・・10,000円
500倍・・・2.000円
888倍・・・約1,126円

となり、レバレッジが高いほど証拠金はかなり少なくなることが分かります。

また、ロスカットの基準が低いのもスワップポイントを受け取るという点では大きなメリットです。

XMのロスカットが発生するタイミングは、必要証拠金の20%を割った時です。

ロスカットラインが低いため相場が動いた時にも耐えて、長期的に保有することが可能になります。

【XMスワップポイント】多くのポジションを持てる

必要証拠金が少なくて済むということは、同じ資金でも多くのポジションを持てるようになるということです。

ポジションが多いほどもらえるスワップポイントの額は大きくなりますから、XMはスワップポイント狙いの取引に向いていると言えます。

【XMスワップポイント】ポジションを決済してから受け取れる

スワップポイントは日々貯まっていくものですが、その時点では残高に反映されず、ポジションを決済した時に初めて出金できるようになります。

つまり、スワップポイントがマイナスのポジションを決済する時は、残高が一気に減ることもあるため気をつけなくてはいけません。

【XMスワップポイント】XMにはスワップカレンダーがない

業者によっては、各通貨のスワップポイントを載せたカレンダーを用意しているところもあります。

しかし、XMではそういったカレンダーがないため、自分で計算しなくてはいけません。

後からも説明しますが、スワップポイントの計算にはXMが無料で提供しているスワップ計算ツールを使うのがおすすめです。

【XMスワップポイント】XMは日本との通貨ペアが少ない

日本は金利がかなり低いため、スワップ狙いの人には人気の通貨ですが、XMは海外のFX業者であることから、日本との通貨ペアが国内FXに比べると少ないという特徴があります。

そのため、取引したい通貨ペアがある時は、事前にXMで取り扱いがあるかどうか調べておくのがおすすめです。

XMのスワップポイントが加算されるタイミング

スワップポイントが加算されるタイミングをロールオーバーと言います。

このロールオーバーとはいわばXM上で日付が変わるタイミングです。

XMの取引時間帯は

夏時間 6:05~5:50
冬時間 7:05~6:50

となっているので、ロールオーバーの時間は

夏時間 5:50~6:05
冬時間 6:50~7:05

となります。

ただし、FXは土日は取引がありませんから、スワップポイントが受け取れるタイミングは平日のみで土日は加算されないことを覚えておきましょう。

ちなみに夏時間と冬時間が入れ替わるタイミングは年によって異なりますが、大まかにいうと以下の時期に行われます。

冬時間 → 夏時間:3月25日~3月31日
夏時間 → 冬時間:10月25日~10月31日

XMは水曜日のスワップポイントが3倍になる

XMのロールオーバーについて覚えておかなければいけないのが、水曜日のロールオーバーではスワップポイントが3倍になることです。

スワップポイントがプラスの時はかなりお得ですが、逆にスワップポイントがマイナスの場合は損失が大きくなるので注意が必要です。

こういった特徴があるため、水曜日のロールオーバー、つまり、木曜日の早朝には自分が持っているポジションのスワップがどうなるか確認しておく必要があります。

特にポジションを多く持っている時は注意しましょう。

ちなみに水曜日にスワップポイントが3倍になる理由は、土日にポジションを持っていてもスワップポイントが加算されないため、土日の分を水曜日に回すという形をとっているためです。

\登録するだけで3,000円のボーナスゲット/

XMで今だけのボーナスを受け取る

 

XMでスワップポイントを狙う時の注意点

XMではレバレッジやロスカットラインなど、スワップポイントを受け取るのに適した仕組みがたくさんありますが、スワップポイントを狙った取引をする上で知っておくべきこともあります。

これから紹介していくのでぜひ覚えておきましょう。

【XM】スワップポイントが大きい通貨ペアはスプレッドが広い

金利差が大きい通貨ペアはスワップポイント狙いには非常に適していますが、その分スプレッドが広いものが多い点に注意が必要です。

スプレッドとは売値と買値の差のことで、取引量が少ない通貨ペアではスプレッドが広くなり、利益を狙いにくくなります。

高金利通貨はあまりメジャーでない通貨が多く、取引量が少ないため、スプレッドも広くなりがちです。

こうした通貨ペアはポジションを持った時点で大きなマイナスが出てしまうので、ポジションを中長期的に持って、最初のマイナスを回収することを念頭におく必要があります。

【XM】スワップポイントが大きい通貨ペアは変動が激しい

スワップポイントが大きい通貨ペアほど価格の変動が激しく、メジャー通貨同士のペアであれば考えられないような動きをすることがあります。

思惑と違う方向に動けば、スワップポイントで得た利益も簡単に吹き飛んでしまいますし、証拠金維持率も低くなります。

スワップ狙いのポジションを持つなら、そのペアがどういう動きをするかを簡単に把握しておき、買い時や売り時にポジションを持つのがおすすめです。

【XMスワップポイント】通貨ペアによってはレバレッジ制限があることも

XMはレバレッジを最大888倍まで設定することができ、少ない資金でも大きな取引をすることができるのがメリットです。

しかし、マイナー通貨で値動きが激しいと予想されるものは、レバレッジ制限がかかることがあります。

例えばユーロ/ロシアルーブル(EURRUB)や米ドル/ロシアルーブル(USDRUB)は50倍に制限されます。

これは急な変動によりトレーダーが大きな損失を受けないようにするための制限です。

レバレッジが少ないと証拠金も多く必要になるので、多めに証拠金を入れておくようにしましょう。

【XMスワップポイント】両建てすると必ずマイナスになる

両建てとは同じ通貨で売りと買いの両方のポジションを持つことです。

うまく使いこなせば利益を出すことができるFXにおける手法の一つです。

しかし、XMではスワップポイントの絶対値が、必ずマイナスの方が大きくなるように設定されているため、両建てをするとスワップポイントの面で必ずマイナスが生じてしまいます。

\登録するだけで3,000円のボーナスゲット/

XMで今だけのボーナスを受け取る

 

【XM】スワップポイントの計算方法

スワップポイント狙いで取引をするためには、どのくらいのスワップポイントを受け取れるのかを知っておかなくてはいけません。

そこスワップポイントを計算する方法をご紹介しましょう。

1年当たりのスワップポイントは「為替レート×保有しているポジションの量×金利差」で求めることができます。

さらに出た値を365で割ると1日あたりのスワップポイントを求めることができます。

例えば1豪ドルが80円で、10万通貨を保持し、金利差が1.4%のとき、1年のスワップポイントは

80円×10万通貨×1.4%=112,000円

となり、1日当たりのスワップポイントは

112,000円÷365日=約306円

となります。

ただし、金利差は同じでもFX業者によってスワップポイントは異なります。

これはスワップポイントから一定の手数料を取っているためです。

そのため業者ごとの正確なスワップポイントは、この計算式から求められる値とは少し異なっています。

XMのスワップポイントの確認方法

前述の通り、大まかなスワップポイントは計算で求められても、業者によって設定するスワップポイントは異なるので、正確な値は分かりません。

そこで、XMのスワップポイントを確認する方法をいくつかまとめていきましょう。

【XMスワップポイント】スワップ計算機を使う

XMではスワップポイントを自動で計算してくれる、スワップ計算機というツールを無料で提供しています。

スワップ計算機では口座の基本通貨、通貨ペア、口座タイプ、ロット数量を入力し、「計算する」というボタンをクリックすると売りと買いのスワップポイントが表示され、一目でどれだけのスワップがもらえるかが分かり非常に便利です。

スワップ計算機を表示する手順は以下の通りです。

XMの公式サイトを開く

トップページの上部にある「FXを学ぶ」をクリックし、「XMのFX計算ツール」を選択する。

XMのスワップポイントのツール

XMの計算ツール一覧が表示されるので、その中の「スワップ計算ツール」をクリックする。

【XMスワップポイント】MT4から確認する

XMのスワップポイントは取引プラットフォームのMT4からも確認できます。

スワップ計算機のように口座情報を入力する必要がないので、手軽に確認できるのがメリットです。MT4でスワップポイントを確認する方法は以下の通りです。

MT4を開く。

上部の「表示」をクリックし、

XMのスワップポイント確認方法

「気配値表示」を選択する。(「気配値」はわざわざこの手順で表示させなくても既に画面左側に表示されていることもあるので、もし表示されている場合はこの手順は飛ばしても良い。)

XMのスワップポイント確認方法②

出てきた画面上で右クリックし、「通貨ペア」を選択する。

XMのスワップポイント確認方法③

通貨ペアリストの中からスワップを確認したい通貨ペアを選び、右にある「設定」ボタンをクリックする。

XMのスワップポイント 設定

出てきた画面の「買いスワップ」「売りスワップ」からリアルタイムのスワップを確認できる。

XMのスワップポイント買いスワップ売りスワップ

【XMスワップポイント】MT5で確認する

スワップポイントはXMのもう一つの取引プラットフォームである、MT5から確認することも可能です。

MT4と確認方法は似ていますが、細かい部分が異なるのでこちらも確認手順をご紹介しましょう。

MT5を開く。

上部の「表示」をクリックし、「気配値表示」を選択する。

XMのスワップポイント 気配値

出てきた画面上で右クリックし「銘柄」を選択する。

XMのスワップポイント 銘柄

出てきたウィンドウでスワップを知りたい通貨ペアを選択する。

ウィンドウの下側に出てくる通貨ペアの情報一覧の「買スワップ」と「売スワップ」からスワップを確認する。

XMのスワップポイント買いスワップ売りスワップ

\登録するだけで3,000円のボーナスゲット/

XMで今だけのボーナスを受け取る

 

【XMスワップポイント】公式サイトの表で確認する

XMの公式サイトでは、扱っている全通貨ペアのスワップや、スプレッドをまとめた表を公開しています。

この表を見れば全通貨のスワップポイントを一目で確認することができます。

表示の仕方は次の通りです。

XMの公式サイトを開く。

トップページ上部の「取引」をクリックし、 「FX取引」を選択する。

XMのスワップポイントFXを学ぶ

ページ移動後、画面を下にスクロールすると一覧表が確認できる。

XMのスワップポイント取引条件

【スワップポイント】XMでは国内で人気の通貨ペアがないことも

日本は世界でも珍しいほどの低金利のため、他の高金利の通貨とのペアが人気を集めています。

国内FX業者もよくスワップが狙える通貨ペアについて公式サイトでアピールしています。

日本円を含む通貨で、特にスワップポイントが狙える通貨ペアといえばトルコリラ円(TRYJPY)、南アフリカランド円(ZARJPY)、メキシコペソ円などですが、XMにはこれらの通貨ペアの取り扱いがありません。

XMは海外のFX業者なので、国内FXに比べると日本円との通貨ペアの種類は劣ってしまうのです。

もしもこうした高金利通貨で取引をしたい場合は、日本円以外の低金利の通貨とのペアでスワップポイントを狙うのがおすすめです。

XMのおすすめスワップポイント通貨ペアランキング

ではXMでスワップポイント狙いで取引をするには、どの通貨ペアを選べばいいのでしょうか?

金利差をもとにおすすめ順に通貨ペアをご紹介していきましょう。

ぜひ通貨ペア選びの参考にしてくださいね。

【XMスワップポイント】ユーロ/トルコリラ(EURTRY)

ユーロ/トルコリラはXMで一番金利差がある通貨ペアです。

金利0%のユーロと高金利として有名なトルコリラのペアですから、スワップポイントは非常に大きいです。

ポジションは売りで持ちましょう。

スワップ狙いでは定番のペアなので、ぜひ候補に入れておきましょう。

【XMスワップポイント】米ドル/トルコリラ(USDTRY)

2番目にスワップポイントを稼げるのが米ドル/トルコリラです。

アメリカドルは2.5%ほど金利があるため金利ゼロのユーロには劣ってしまいますが、高金利通貨のトルコリラとのペアであれば十分スワップポイントを受け取ることができます。

ポジションは売りです。

【XMスワップポイント】ユーロ/南アフリカランド(EURZAR)

南アフリカランドもトルコリラと同様に高金利で有名な通貨です。

ユーロとのペアで大きなスワップが期待できます。

南アフリカランドは金利が安定していることで有名なため、長期的にポジションを持つのに向いています。

【XMスワップポイント】ユーロ/ロシアルーブル(EURRUB)

ロシアルーブルは2018年に金利が7.5%に上昇した通貨です。

国内FXではあまり取り扱いがありませんが、XMでは取引できます。

ただし、レバレッジは50倍まで制限される点に気をつけましょう。

【XMスワップポイント】米ドル/メキシコペソ(USDMXP)

メキシコペソも高金利通貨として人気ですが、XMでは日本円やユーロとの組み合わせがないため、メキシコペソでスワップを狙う際には、米ドル/メキシコペソを買うようにしましょう。

\登録するだけで3,000円のボーナスゲット/

XMで今だけのボーナスを受け取る

 

XMのおすすめしないスワップポイント通貨ペア

XMでは大きなスワップポイントが期待できる通貨ペアがある一方で、マイナスのスワップポイントを払わなければいけないものもあります。

そこでスワップポイント狙いにはおすすめできない通貨ペアの特徴を挙げていきましょう。

【XMスワップポイント】おすすめ通貨ペアの売りと買いを逆にしたもの

先ほど挙げたように、ユーロ/トルコリラや米ドル/メキシコペソなど、低金利の通貨と高金利の通貨のペアで、大きなスワップポイントを狙えるものがあります。

しかし売買を反対にしてポジションを持ってしまうと、毎日スワップをたくさん支払わなければいけなくなります。

そこでスワップ目的で通貨ペアを買うときは、売買を間違えないように気をつけましょう。

【XMスワップポイント】売りでも買いでもマイナスになる通貨ペア

スワップポイントは売りと買いのどちらかが必ずプラスになるわけではなく、売りでも買いでもスワップポイントを支払わなくてはいけない通貨ペアもあります。

どちらもマイナスになる通貨ペアを知るには、XMで公開しているスワップポイントやスプレッドの一覧表を確認するのがおすすめです。

表は公式サイトのトップページの「取引」→「FX取引」から見ることができます。

\登録するだけで3,000円のボーナスゲット/

XMで今だけのボーナスを受け取る

 

XMの主要通貨ペアのスワップポイント

FX取引で根強い人気があるのはやはり有名な通貨同士のペアでしょう。

経済情勢が安定しているので、大打撃になるような変動も少なく安心感があります。

そこで有名な通貨ペアの金利差についてまとめていきましょう。

なお、ここでご紹介するのはスタンダード口座で1ロット(10万通貨)を保持していた場合の値です。

【XMスワップポイント】米ドル/円(USDJPY)

定番の通貨ペアである米ドル/円は米ドルの方が金利が高いため、買いのポジションを持つとスワップを受け取ることができます。

買いの時は423円受け取り、売りでは1,007円支払うことになります。

【XMスワップポイント】ユーロ/円(EURJPY)

金利ゼロのユーロと低金利の日本のペアは、売りでも買いでもマイナスになってしまいます。

そこでポジションを翌日に持ち越す場合は、スワップの支払いがあることを忘れないようにしましょう。

ユーロ/円は買いで413円、売りで233円支払わなくてはいけません。

【XMスワップポイント】ユーロ/米ドル(EURUSD)

世界の通貨の中でも特に強いユーロと米ドルの組み合わせは、売りポジションでスワップを受け取ることができます。

買いでは1,205円の支払い、売りでは561円を受け取りとなります。

【XMスワップポイント】英ポンド/円(GBPJPY)

ポンドと円の組み合わせも人気があります。

スワップポイントは買いで66円の受け取り、売りで774円の支払いと、スワップを受け取ることはできますが、かなり少ないと言えます。

【XMスワップポイント】英ポンド/米ドルGBPUSD

こちらも有名な通貨同士の組み合わせです。

スワップポイントは買いで863円の支払い、売りで152円受け取ることができます。

そこまで大きな額ではありませんが、安定した通貨でスワップをもらえるのは嬉しいですね。

\登録するだけで3,000円のボーナスゲット/

XMで今だけのボーナスを受け取る

 

XMとその他のFX業者とのスワップポイントの比較

スワップポイントは業者が定めている手数料を引かれるため、業者によって受け取るスワップポイントの額は異なります。

そこで有名な国内と海外のFX業者のスワップポイントを比較してみました。

なお、ここでは1万通貨単位のスワップをご紹介しています。

【XMスワップポイント】GMOクリック証券

GMOクリック証券は世界取引高7年連続1位の大手国内FX業者です。

スプレッドが狭く、初めての人でも利益を狙いやすいのが特徴です。

GMOクリック証券の主な通貨ペアのスワップは以下の通りです。

USDJPY・・・買いで57円受け取り
EURJPY・・・売りで13円受け取り
EURUSD・・・売りで75円受け取り

【XMスワップポイント】みんなのFX

みんなのFXはスワップの高さが魅力の国内FX業者です。

トルコリラ/円やメキシコペソ/円の取り扱いもあります。

みんなのFXの主な通貨ペアのスワップは以下の通りです。

USDJPY・・・買いで65円受け取り
EURJPY・・・売りで12円受け取り
EURUSD・・・売りで77円受け取り

【XMスワップポイント】タイタンFX

タイタンFXは海外のFX業者で、業界最狭のスプレッドや高い約定力が有名です。

またレバレッジが500倍と、XMには及ばないものの業界の中では高めなのがメリットです。

タイタンFXの主な通貨ペアのスワップは次の通りです。

USDJPY・・・買いで43円受け取り
EURJPY・・・どちらもマイナス
EURUSD・・・売りで52円受け取り

【XMスワップポイント】ランドFX

ランドFXは一般的にスプレッドが狭いと言われる、国内FXと張り合えるスプレッドの狭さで有名な海外FX業者です。

2016年には審査が厳しいことで有名な英国FCAライセンスを取得し、一気に信頼性を高めました。

ランドFXの主な通貨ペアのスワップは次の通りです。

USDJPY・・・買いで25円受け取り
EURJPY・・・どちらもマイナス
EURUSD・・・売りで2円受け取り

このように同じ通貨ペアでも業者によって大きく異なることが分かります。

一般的に国内FXの方が、海外FXに比べてスワップの受け取りは多いです。

ただし、FX業者を選ぶ基準はスワップだけではなく、スプレッドやレバレッジなど色々なものがありますので、総合的に判断するようにしましょう。

\登録するだけで3,000円のボーナスゲット/

XMで今だけのボーナスを受け取る

 

XMでスワップポイントで稼ぐための流れ

スワップポイントについて知る中で、自分もスワップで稼ぎたいと思った方もいるかもしれません。

そんな方のためにXMでスワップで稼ぐための具体的な流れをご紹介しましょう。

【XM】スワップポイントを受け取れる通貨を探す

まずはスワップポイントを受け取れる通貨ペアを探しましょう。

XMの公式サイトの「取引」→「FX取引」からスワップ一覧が載った表を見れるので、どの通貨ペアが良いか見極めましょう。

【XMスワップポイント】MT4でチャートを表示する

保有する通貨ペアが決まったらMT4でチャートを表示させましょう。

スワップ狙いではありますが、買い時や売り時を見極めてポジションを持つことで、より利益を得られるので、チャートがどんな動きをしているかは簡単に把握しておきましょう。

【XMスワップポイント】ポジションを持つ

売り時や買い時になったらポジションを持ちましょう。

この時、売りと買いを間違えてしまうと、逆にスワップを支払わなければいけなくなってしまうので、間違いがないように慎重に売りと買いを選択しましょう。

【XM】受け取ったスワップポイントを確認する

ロールオーバーしたらMT4で実際に受け取ったスワップポイントを確認しましょう。

画面下の「取引」の中にある「スワップ」から確認できます。

\登録するだけで3,000円のボーナスゲット/

XMで今だけのボーナスを受け取る

 

【XM】スワップポイントの確定申告について

スワップポイントは利益に当たるため、税金の対象となります。

つまり、確定申告の必要があります。

ただし、XMではスワップポイントはポジションを決済したときに出金可能になるため、スワップポイントがたくさん貯まっていても、ポジションを持ったままの状態であれば申告は必要ありません。

課税対象期間は1月1日から12月31日までです。

また、税金は20万円以上の利益にかかるため、利益が20万円未満の場合は申告は必要ありません。

XMのスワップポイントに関する禁止事項

XMではスワップポイントにまつわる禁止事項があります。

それはサヤ取り(アービトラージ)と呼ばれるものです。

サヤ取りとはFX業者間の金利差を利用して、ノーリスクでスワップポイントで利益を得ようとする行為です。

先ほども説明したように、スワップポイントは業者側で手数料を差し引くため、業者によって違いがあります。

この差をうまく利用すればリスクを負わずにスワップを受け取れるのです。

例えばユーロ/南アフリカランドにおいて、A業者の買いスワップが150円で、B業者の売りスワップが100円だった時、A業者で南アフリカランド円を買い、B業者で売ると50円をノーリスクで受け取ることができます。

ただし、このように異なる業者を使って両建てをすることはXMでは禁止されているので、この方法で稼ぐことはできません。

規約にもしっかりと明記されています。

違反した場合は口座凍結や出金拒否のペナルティを受けることもありますので、サヤ取りはしないようにしましょう。

\登録するだけで3,000円のボーナスゲット/

XMで今だけのボーナスを受け取る

 

【XM】スワップポイントに関するよくある質問

最後にスワップポイントに関するよくある質問をまとめていきましょう。

分からないことや疑問点がある時はぜひ参考にしてくださいね。

【XM】スワップポイントはいつ受け取れる?

スワップポイントは取引プラットフォーム上で、日付が変わるタイミングで受け取ることができます。

夏時間は5:50~6:05、冬時間は6:50~7:05となっています。

夏時間と冬時間が入れ替わるタイミングは年によって異なりますが、目安として以下の時期に行われます。

冬時間 → 夏時間:3月25日~3月31日
夏時間 → 冬時間:10月25日~10月31日

【XM】スワップポイントはどこから確認できる?

スワップポイントを確認する方法は2つあります。

まず一つの方法はXMのスワップ計算機を使うことです。

計算機はXMの公式サイトのトップページの上部にある「FXを学ぶ」→「XMのFX計算ツール」→「スワップ計算ツール」から出せます。

もう一つの方法ではMT4から確認します。

MT4上部の「表示」→「気配値表示」→画面内で右クリックし、「通貨ペア」を選択→スワップを知りたい通貨ペアを選び、右側の「設定」をクリック→表示される通貨ペア情報から売りスワップと買いスワップを確認するという流れで見ることができます。

【XM】受け取ったスワップポイントはどこから確認できる?

実際に受け取ったスワップポイントはMT4から確認できます。

ポジションを持っている場合は画面下の「取引」の「スワップ」の部分を見ると受け取ったスワップを確認できます。

既に決済したものは「口座履歴」の「スワップ」から確認できます。

ポジションを持ってからロールオーバーしていないものはスワップは「0」と表示されます。

XMスワップポイントのまとめ

スワップポイントは通貨間の金利の差を受け取ったり、支払ったりするものです。

XMではレバレッジが高い分証拠金が少なくて済み、ロスカットのラインが20%と低いので長期的にポジションを持ちやすく、スワップ狙いに向いていると言えます。

スワップを狙うなら、ユーロ/トルコリラやユーロ/南アフリカランドなど、高金利と低金利のペアがおすすめです。

FXをするならぜひスワップ狙いの通貨ペアの保有も検討してみましょう。

\登録するだけで3,000円のボーナスゲット/

XMで今だけのボーナスを受け取る

 

XM口座開設FXの説明書TOPに戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました