FXで稼ぐにはトレードルールを決めることが必須!3つメリットとチェックポイント

XMで稼ぐ

みなさんは既にトレードでのルールは出来あがっていますか?

おそらく「FX 稼ぎ方」などを検索して調べていくうちに、どうやら価格の予測の方法でもなく今後上がっていく銘柄でもなく、ルール作りが大切だと知ったのではないでしょうか?

勝てているかどうかに関わらずルールが確立されている時点で初心者は卒業だというのが私の考えです。

この記事ではトレードでのルール作りについて掘り下げていきたいと思います。

今回は

  • なぜトレードにはルール作りが大切か
  • ルール作りで絶対に盛り込んでおくべきポイント

を解説していきたいと思います。

\登録するだけで3,000円のボーナスゲット/

XMで今だけのボーナスを受け取る

トレードにルール作りはなぜ大切か

  • トレードが安定する
  • 手法(ルール)の見直しと改善が出来る
  • メンタル的な要因の影響を受けなくなる

といったことがあります。

ひとつずつ見ていきましょう。

トレードのプロセスが安定する

まずトレードルールを作ると売買そのものが安定するということですが、詳しくみると次のようなメリットがあります。

  • チャートに対する「認識」ができる
  • 資金が上下するのを想定内の範囲に収めることが出来る。
  • 一回の売買でのあらゆる面でのコストがかからない。

私の経験上、これらが主なメリットだと思いますが、掘り下げてみましょう。

チャートに対する「認識」が出来る。

チャートを見たことがある人なら経験があるかと思いますが、ほとんどの人はその情報量に圧倒されたのではないでしょうか。

チャートから得られる情報は無数にありますし、その情報から得られる解釈もまた無数にあります。どのような形にも見えてしまうんですね。

チャートにおける「認識」とは何を見るかを選択することでですが、その本質は何を自分の視点から外すかということでもあるのです。

一つの見方を得ることで、チャートが混沌とした宇宙のようなものから秩序ある世界になるのを体験できるかと思います。

ここが価格予想のスタートラインになるはずです。

\登録するだけで3,000円のボーナスゲット/

XMで今だけのボーナスを受け取る

資金の増減を想定内に収めることが出来る。

資金の「減」は想定内に収めたいけど、「増」は想定内じゃなくて良いよ。

と思われたのではないでしょうか。

「減」は分かりますね。自分の口座からお金がものすごい早さで無くなっていったら、また、帰ってきたら口座からお金が消えていたというのはきついものでしょう。

一方「増」は、いわゆる棚からぼた餅に増えることは結構じゃないか、と思うかと思います。

まあ確かにそれはそうなのですが、長い目で見ると必ずしもそうではありません。

簡単にいうと、刺激が過剰になってしまうのです。

また、想定外のことが起きる、というのはそれだけでも良くないことです。

あらゆる事象を想定の中に置き、計画的に売買を重ねていくのが理想的なトレードと言えます。

売買のコストがかからない

「コスト」と聞くとお金をイメージしてしまうでしょうか。

しかしお金だけがコストではありません。

あなたの時間や体力や精神力も十分コストと言えるのです。

トレードは細かく積み上げていく戦いです。

ほぼ毎日チェックすることを想定するべきでしょう。

それが毎回疲れるものだったらどうでしょうか。

あなたがぷー太郎なら良いでしょう。

ですが、疲れて帰って来た時、朝早く済ませたいときはどうでしょうか。

一回の売買は素早く簡単に済ませるべきです。

余裕のできた時間はトレードではなくその勉強などに使いましょう。

\登録するだけで3,000円のボーナスゲット/

XMで今だけのボーナスを受け取る

トレードの見直し、改善ができる

トレードルールのない、行き当たりばったりのトレードは改善することができません。

見直そうにも見なおすものがそもそも無いんですから。

あまり良くないものだったとしても、無いよりはあったほうが良いです。

トレードルールがあったほうがいい理由① トレード日記を書くのが楽

トレードルールを決めると毎回同じことをするので、トレード日記を書くのが楽になります。

大部分を省略して書けるので、日記の継続が簡単です。

成績も数字を書くだけになるので、非常に楽です。

トレードルールがあったほうがいい理由② イレギュラーなことだけに絞って細かくトレード日記が書ける

精神的な動きや、相場でのイレギュラーなことだけに絞って細かくトレード日記が書ける。

最低限かくべきことは保障されているので、あとはテキトーに書いてもそれなりの日記になっている。

「イレギュラーなこと」とは、「損切りするはずだったのに損切りしなかった」という場合の心の動き、または「チャートをトレンドとレンジに区分けしていたけど、どちらでもない状況があらわれた」などです。

注意するポイントを狭くできるので、まあ、結果的に楽ですね。

トレードルールを決めるとメンタル的な要因を持ち込まずに済む

メンタルの話は抽象的でわかりにくいですから、ここでは簡単な説明にとどめます。

トレードルールが正しいか誤りかに関わらず、自信をもって売買できる

これは非常に大きいです。

とくに決まりごとが無ければ、人間も生物ですから条件反射的なメカニズムで売買することになります。

これはどうやっても負けパターンになりますから、間違っていても何かしらのトレードルールを持ち、「負ける9割の大衆」のパターンから離脱した方が良いでしょう。

たしかにそれで勝てる保証はありません。

しかし、「大衆の一式から離れる」だけでも十分な価値があります。

\登録するだけで3,000円のボーナスゲット/

XMで今だけのボーナスを受け取る

メンタル的なダメージが無い

ビギナーズラックという言葉をご存じでしょうか。

知識や経験が内にも関わらず、なぜか勝ててしまうという現象です。

残念ながら、この状態は長い間続くことはありません。

FXのみならず、パチンコ、ギャンブルにおける「負け癖」とは、諸説ありますがメンタル的なダメージが蓄積した結果だと私は考えています。

負けのパターンに陥っている当の本人は、なぜそういった行動をしているかが分からないんですね。

負けパターンには負けるべくして負けるような、一連の流れのようなものがあります。

損切り出来ないのに、いざ勝っていると少額で利益確定してしまう、というのは、FXでは典型的なものですね。

負けを続けると、無意識に「自分は負ける奴なんだ」という刷り込みが起こります。

そのため、いざ勝っていると、それが負けに変わってしまうのを過剰に恐れるあまり、「負けないうちに利益確定」してしまうわけです。

トレードルール作りで負けを想定内に収めれば、想定内ですので財布はダメージを受けても心はダメージを受けません。

少なくともメンタル上の話に限って言えば、ビギナーズラックが継続することになります。

※実際に勝ち続けるかは別の問題です。

FXでのトレードルール作りは、メリットが多すぎることを分かって頂けたかと思います。

まだ始めていない人も始めたかたも、とりあえず、なにか作ってみてください。

\登録するだけで3,000円のボーナスゲット/

XMで今だけのボーナスを受け取る

トレードルール作りで絶対に盛り込むべきこと。

ここでは、トレードで絶対に決めておかなければならないこと(ルール)を述べていきます。

逆に、これが決まっていない状態で売買すると、長期的にみれば必ず損をしていく形になります。

まずは、最低限しっておくべきことを書きますので必ず理解してから進むようにしてください。

勝率 損益比率 期待値

ここだけは押さえましょう。

トレードルール作りは、この数字をベースに組み立てていきます。

分からない単語、定義できていない単語があったら、絶対読み飛ばさないようにしてください。

ここでは、それぞれの概念に対して私なりの考えしか述べませんので、正確な定義を知りたいときは他のサイトを利用して調べましょう。

勝率【トレードルール】

これはわかりますね。

何回やったうち何回勝つか、何回負けるかですね。

一応、計算式を書いておきましょう。

勝率=勝つ回数/勝負する回数=勝つ回数/(勝つ回数+負ける回数)

一方、負け率は

負け率=負ける回数/勝負する回数=負ける回数/(勝つ回数+負ける回数)

損益比率【トレードルール】

言い表すならば、掛けた金額に対する勝った時の金額の比率です。

これに近いものは、競馬でいうところの倍率のようなものですね。

これも計算式を書いておきます。

損益比率=勝つ時の金額/掛ける金額

これは、1回の売買の計算しきですから、長期間の式も載せておきます。

損益比率=勝ったとき平均で勝っている額/平均で掛けている額

負けているのはこの逆ですが、掛けている額と負ける額は同じですので1です。

損損比率?=負ける金額/掛ける金額
\登録するだけで3,000円のボーナスゲット/

XMで今だけのボーナスを受け取る

期待値【トレードルール】

これは勝率と期待値を合わせたものです。

この数値がプラスなら永遠と繰り返せばお金が増えていく。

ゼロならトントン。

マイナスならお金が減っていく。

では式を見ていきます。

期待値=(勝率×損益比率)-(負け率×損損比率)

となります。

考え方としては、「当たりやすさ」と「当たったらどれだけの効果があるか」ということです。

ここまで理解できていなければあらゆる手段で理解するようにしましょう。

【トレードルール】1回の売買で掛けてもいい金額

非常に大事です。というかここで紹介することは全部大事なんですが。

負ける金額が大きすぎると、精神的にやられてしまうためそれ以降の売買をまともに出来なくなる可能性が高くなります。

また、損を取り戻したくもなってしまうんですね。

気持ちは分かります。単純にお金が減った、というだけではないんですもんね。

「あれだけ苦労して神経を擦り減らしたのにお金が減った」となりますから。

私はどちらかというとこちらでした。

お金よりも自分の時間を費やした時間の方を取り戻そうとしましたね。(自給換算にすると700円は欲しいよね、みたいな)

結果はお金を取り戻そうとした人と同じなのですが。

ですから、負けても精神的ダメージを受けない金額にすることが大切です。

基準としては、「まじめにトレードするけど、しょっちゅう見るほどは気にならない」くらいがちょうどいいです。

具体的な数値でいえば、「この金額を失ったらやめる」金額の2%以内に収めるのが定石だといわれています。

私も妥当じゃないかと思います。

始めたばかりのときはもっと少なめにしましょう。

【トレードルール】損切りライン

損切りラインの考えとしては「ここまで下がるまでは有利だけど、ここより下がったら急に不利になるよね」みたいな場所を損切りラインにすれば良いでしょう。

損切りラインには、支持線や抵抗線の他に、トレンド中の価格が一時的にもどした場所などが使われることが多いです。

支持線や抵抗線は、氷の板のようなもので、落ちるまでは乗っかっていれるけど落ちてしまったら上にあがってくるのが難しいといった特徴があります。

これはイメージとしての話ですが、解釈はほぼ間違いないでしょう。

自分の思惑とは逆の方向にこのラインを越えて進んでしまったら、迷わず損切りして次の売買に備えましょう。

\登録するだけで3,000円のボーナスゲット/

XMで今だけのボーナスを受け取る

【トレードルール】利益確定のライン

これも損切りラインと同じくらい大事ですが、決めるのは判断が難しいところです。

通常は、エントリーポイントから離れた場所に設定して大きく儲けるのが基本ですが、あまりに大きく欲張ると利益の機会を逃してしまったり、かといってあまりに小さすぎると損益比率が下がってしまいます。

ほどほどのところに、明確な根拠をもって設定しましょう。

どうしても大きく掛けたいなら、トレールストップテクニックとして使うのも手でしょう。

【トレードルール】仕掛けポイント 仕掛の条件

売買トレードの開始の条件ですね。

「条件Aと条件Bを見たしたら、買いまたは売り」といったのがこれでしょう。

しばらくトレードを経験していると、ついつい毎日とか頻繁に売買したくなって、この仕掛けの条件を甘くしてしまいますが、ここは我慢しましょう。

勝率と期待値が良いからといって、1年に1回しか来ないような厳しい条件でのエントリー条件にするのもやめましょう。

1週間に1回か2回くらいチャンスがある条件がちょうどいいんじゃないでしょうか。

トレードルールのチェックポイント

期待値チェック

まずは自分のトレードルールの期待値を計算しましょう。

自分のトレードルールでの勝率はわかりますか?

わからなければどのくらいを想定していますか?

この勝率は少し厳しめに設定しましょう。

なぜなら、「勝率が7割じゃないと儲からないトレードルール」が6割だったら困りますよね。

5割くらいを前提としても大丈夫なトレードルールを作るべきです。

私は過去のデータを取る技術が無いので、4割くらいの勝率で考えています。

7割とかだったら嬉しいじゃないですか。

損益比率も大体1.5から3.0くらいで設定しましょう。

経験ですが、これより大きくなると状況も変わって失速する可能性が高くなります。

仮に勝率4割、損益比率が1.7だとしましょう。

期待値は

期待値=(0.41.0 × 1.7)-{(1.00.4)/1.0 × 1.0}=0.08

となります。

限りなく売買を繰り返していくと、平均して1回あたり8%のお金が少しずつのお金が増えていく計算になります。

\登録するだけで3,000円のボーナスゲット/

XMで今だけのボーナスを受け取る

損切りラインとの設定

仕掛け値から損切りの幅が、ちょうど自分が1回に掛けてもいい金額とフィットする枚数の数で勝負しましょう。

(仕掛け値-損切り値)× 枚数 = 自分が掛けても良いお金

となるように枚数を設定してください。

計算して頂けるとわかると思いますが、仕掛け値から損切り値の幅が小さいほど、多くの枚数を掛けることが出来ます。

また、この幅が小さく、利益確定までの幅が大きいほど、損益比率が高くなります。

しかし、幅を小さくし過ぎると、すぐ損切りラインに引っかかってしまうので、ほどほどのところが良いでしょう。

さて、利益確定の方法は多種多様ですのでここでは省略しますが、損益比率はちょうど良いところにしてください。

トレードルールのまとめ

いかがでしたか?

トレードルール作りが以下に大切か分かって頂けたと思います。

勉強するべきことも多きことを分かっていただけたのではないでしょうか?

中には良くないトレードルールを作ってしまうことがあるかもしれません。

しかし、それはそれで一つの勉強になります。

是非、実験と改善を繰り返しながら、ついにはそのプロセスが楽しいと思える段階にまでくれば、それはそれで御の字ののではないでしょうか。

そこにいくまでには、消耗しないように継続していくことが大切ですね。

\登録するだけで3,000円のボーナスゲット/

XMで今だけのボーナスを受け取る

XM口座開設FXの説明書TOPに戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました